あいち障害者雇用総合サポートデスク

障害者の雇用・就労事例紹介

公開日:2020-03-24

障害者雇用を検討する企業の皆様から、「障害者の方に、どのような仕事を任せて良いのか分からない」「当社には障害者の方に切り出す仕事がない」といった相談を、よくいただきます。
ここでは、障害者を戦力として人材活用している企業の雇用事例をご紹介しますので、ぜひご視聴ください。

1)サポートデスク製作動画

障害者雇用促進トップセミナー 
障害者の雇用が一層進められるよう、障害者雇用促進トップセミナーを動画配信します。
障害者雇用優良企業の事例やあいち障害者雇用総合サポートデスクの取組を紹介しています。

 

 

2)障害者雇用事例動画
サポートデスク以外で製作された動画です。タイトルをクリックすると、別ウィンドウが起動し動画が再生されます。

障害者が自宅で働く「在宅就業」 (KSB瀬戸内放送)
香川県在住の障害者が東京の企業に雇用され、在宅で勤務しています。
重い障害のために通勤できなかった就労できなかった方も在宅勤務によって可能性が広がりました。企業側は「情報処理技術の高い方を全国規模で採用できる」と、在宅勤務のメリットをコメントしています。


”自分で働いた収入で暮らしたい”分身ロボットと歩む日々(NHK HUMAN)
事故で首から下がマヒしてしまった元飲食店店長が、ロボットというツールを使い、遠隔で接客を行います。
契約社員として勤務し、経済的自立を目指します。



精神障害者の働く場所 企業も期待 大きな力に (SBS NEWS)
企業の人員確保が課題となる中、就労意欲の高い精神障害者が大きな力になっています。
働き方についても新たな形が提案されてきています。



自分の得意を生かす”高次脳機能障害のリハビリ(NHK HUMAN)
脳出血により高次脳機能障害と診断され重い言語障害が残った調理師が、
民間リハビリ施設
で自分の“特技”を生かしたリハビリを通じて少しずつ自信を取り戻し、調理の現場に再就職する事例です。



せかいに1つだけの石けん(NHK HUMAN)
果物を模した色鮮やかな石鹸。大手販売店でも扱われる人気商品です。
実は知的障害を持つ方たちが能力や個性に応じて仕事を分担し、すべて手作りで作っています。
この動画では知的障害を持つ女性が仕事を通じて自分の可能性を発見します。


手話が飛び交うコーヒー店(NHK HUMAN)
店員の8割が聴覚障害者のコーヒー店。健常者が音で判断する業務を視覚情報で補うなど、創意工夫して運営されています。雇用企業側も「今まで障害のある社員には、どこか”安全な仕事”を任せていた」ものの、障害のある社員が活躍する姿を見て考えが変わったと語っています。



ともに支え、ともに歩む 精神障害者就労の現場から(NPO法人全国精神障害者就労支援事業所連合会)
現在精神障害者は、オフィス、工場、スーパーマーケットなど、身近な場所で働いています。
少しの配慮で戦力として働いている精神障害者の事例です。



ともに、明日へ、ともに、未来へ(TOHOシネマズ障害者雇用PR動画)
TOHOシネマズは、全国の映画館で障害者雇用を促進しています。
「障害の有無にかかわらず、こんなにも活躍しているスタッフがいることを、広く知ってほしい」という思いをこめて、実際に働く障害者スタッフを紹介しています。


働く喜びを分かち合う(障害者雇用)(KOMATSUCSR)
企業が特例子会社を設立し、知的障害者を雇用している事例です。
当初は不安もあったものの、企業のCSR責任として障害者の雇用をスタート。
結果他の一般社員に良い影響があり、障害のある社員達の働きが評価され、担当業務が増えていくことになりました。


パラアスリート雇用事例(名古屋MID-FM761「パラちゃんねる」)
トヨタすまいるライフ所属 パラカヌー日本代表 加藤隆典さん、トヨタすまいるライフ㈱人事部 伊藤史章さんをゲストに招き、トヨタすまいるライフ事業概要や障害者雇用の取り組みについて伺いました。

 


3)その他 障害者の就労・雇用に関する動画

障害者年金が止まるほど稼ぐ!リベラル株式会社①(チャレンジどーナツ)
中古OA機器の販売を行う特例子会社です。「福祉ではなく戦力として障害者を活用する」という同社に、ノウハウをインタビューします。
 第2弾→https://youtu.be/nUvzV1K6t4k
 第3弾→https://youtu.be/kIIZOz8uQcI


障害者雇用超優良企業アルプススチールさんに行ってきました(チャレンジどーナツ)
一般企業なのに障害者雇用率9%以上を達成しながら、障害者の離職率は0%。
どのような管理を行っているのか?企業担当者にインタビューを行います。



愛知農福連携 取組事例動画(愛知県農業水産局農政部農業経営課)
農福連携に対する関心・理解を促進するとともに、農福連携の取組促進を図ることを目的とした動画です。




愛知農福連携 取組事例動画2 JAひまわり(愛知県農業水産局農政部農業経営課)
JAひまわりは、長年の課題である人手不足を解消するため、スプレーマム農家とNPO法人パルクの農作業委託のマッチングを実施。2020年から障害者3~4名が、月に2~3回、2時間程度のスプレーマムの挿し芽作業を行っている。また、農家と福祉事業所の間に入り、実施可能な作業内容や賃金、保険などの相談、作業日の調整を行っている。

あいちアールブリュット(愛知県)
アート雇用は、愛知県障害福祉課と愛知労働局、ハローワークが共同して、全国に先駆けて進めている取り組みです。在宅または作業所に通っている方が、自宅で創作活動を行うことで会社と雇用契約を結び、月1回程度、報告するという変則的な在宅勤務の雇用形態です。



4)精神・発達障害者の雇用に関する事例
過去の愛知県精神・発達障害雇用促進事業において製作された、精神・発達障害を持つ方の雇用事例集です。

精神・発達障害者雇用ファーストブック まずは「知る」から始めようはたらくリンクプロジェクト
このガイドブックは、平成28年度「愛知県精神・発達障害者雇用促進事業」の一環として、県内の精神・発達障害者の雇用事例を始め、各支援機関や障害特性等を紹介するために製作したものです。障害者雇用を検討されている企業のみならず、障害者雇用の経験がない企業にもご活用いただき、精神・発達障害者を始めとする障害者の雇用促進の一助となれば幸いです。


平成27年度 愛知県精神・発達障害者雇用促進プロジェクト障害者雇用事例集はたらくリンクプロジェクト
この事例集は、平成27年度「愛知県精神・発達障害者雇用促進事業」の一環として、愛知県内の精神・発達障害者の雇用事例を紹介するために制作されました。障がい者雇用に積極的に取り組む事業所の事例を「先進的事例」、当該事業にご参加いただき就職に結びついた事例を「就職事例」として掲載しています。


平成26年度 愛知県精神・発達障害者雇用促進プロジェクト障害者雇用事例集はたらくリンクプロジェクト
の事例集は、平成26年度「愛知県精神・発達障害者雇用促進事業」の一環として、愛知県内の精神・発達障害者の雇用事例を紹介するために制作されました。障がい者雇用に積極的に取り組む事業所の事例を「先進的事例」、当該事業にご参加いただき就職に結びついた事例を「就職事例」として掲載しています。

 

 

 


Page top
Page top